都会の男女は年収がいくらあれば結婚相談所で相手にされるのか

Pocket

こんにちは。ひかりんです。
今日は結婚相談所経由で成婚するには年収がどれくらい必要かについて話します。

 

婚活における最低年収ラインはぶっちゃけいくらか?

端的に言うと女性は年収300万、男性は年収400万円がラインです。
女性の場合は専業主婦でも良いという男性と結婚したいのであれば200万円台後半でも大丈夫です。
年収というよりはちゃんとした仕事についているかどうかを見られます。一般事務で年収300万円などであれば全く問題ありません。

一方男性は年収400万円がラインです。年収400万円でもかなり難色を示す女性は多く、ギリギリ譲って400万円という感じです。実際は450万円くらいあれば年収がネックになることはそこまで多くありません。もちろんもっと高い年収を望んでいる女性もたくさんいるのですが、450万あれば…という女性も沢山いるということです。一方390万など300万円台になった途端に450万くらい希望女子も顔がみるみる険しくなります。子供を生むことを考えたときに生活が不安になることが原因で年収400万以下の男性は甲斐性なしとして相手にされません。これは男性がイケメンであってもどうにもならず、年収の絶対的壁として存在しています。

 

年齢とともに要求水準は上がります

年収400万円代で相手にされるのは30代中盤までです。40前後以降からは相手にされなくなってくるので注意しましょう。女性の場合は年齢と年収の相関はありません。最低限の年収を超えていればあとは年齢とともウォーターフォールで価値が下がっていきます。

とにかく男性の場合はまずは年収400万をクリアすること。これが結婚相談所で婚活を始める最低条件です。あとお太りになられてる男性(デブ)は年収が相当高くないと相手にされないのでデブはまずは痩せましょう。ただし年収の最低条件はあくまで最低です。女性は一般的に自分の年収よりも低い男性を避ける傾向があります。そして生活は安定させたい。その結果年収の低い派遣婚活女子も高いキャリアウーマン女子も年収600万〜の男性に集中します。つまり結婚相談所では年収400万男子は顔とコミュ力偏差値が高くないと結構苦労します。そしてその2つが高偏差値の人はそもそも結婚相談所にほとんどこないので、つまり結婚相談所に登録する年収400万円男子の大半は苦労します。一方年収600万以上はフツメンでもモテモテです。申込殺到するのでこの世の春を謳歌できるでしょう。年収600万以上の独身男性は人生初のモテキを味わうために登録してみるのもよいかもしれません。

女性はとにかく若いうちに結婚しましょう。男性と違っていくら稼いでもそれがモテに直結しません。むしろ選べる相手が減っていきます。キャリアウーマン30代後半年収600万円婚活女子は結婚相談所で同世代からは全く相手にされず40代中盤以降の男性と成約するパターンが多いです。

 

無理だと思ったひとたちへ

この文章を読んで基準を満たしてない!と思った人は結婚相談所ではなくサークルや職場で相手を見つけることをお勧めします。恋愛結婚の場合年収がネックになることは殆どありません。がんばってくださいね。

 

 

この記事へのコメント

  1. 男性は年収が上がれば上がるほど人気が出るのはわかりますが、女性の場合はどうなのでしょうか。
    例えば、28歳女・顔は可愛いと割と言われるが普通・年収800万の場合は、同条件(学歴や年収)の男性とマッチングするのは難しいでしょうか?

  2. こんにちは!
    ツイッター拝見しました。
    ひかりんさんは、商いとしてコンサルをされているのでしょうか?
    婚活を検討していますので、もしそうでしたら、詳細お教え下さい。

    よろしくお願いします

  3. はじめまして。
    婚活をはじめるか悩んでツイッターを拝見させていただきました。
    ブログの開設おめでとうございます。

    年収はなかなか厳しいのですね……
    婚活より先に転活が必要なのでしょうかと考えてしまいます。
    次回以降の記事も楽しみにしております。
    それでは失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です