婚活の初デートでサイゼを選んではいけないという話

Pocket

こんにちはひかりんです。本日は婚活初デートのコツを教えます。
婚活は異性に慣れていない人が大量に参入する市場なのではじめてのデートでは目を疑うような惨劇がよく発生します。今日はそんな惨劇を回避するための情報をみなさんにお伝えできればなと思います。まず知ってほしいのは婚活のデートと恋愛のデートは全く性質が違うものであるということです。ここを理解していないと婚活デートに対して恋愛デートのやり方をかましてしまってデートは大失敗に終わります。まあ、婚活男子は恋愛デートもしたことない人が多いからそれ以前の問題な気もしますがまあそれは置いておきましょう。

 

婚活は赤の他人との相互採用面接である

まず最初に認識して欲しいことは婚活初デートは赤の他人とのデートであるということです。婚活アプリや結婚相談所経由なら会うのも初めての相手です。その目的はデートを楽しむことではなく結婚相手候補になるかどうかの見極めです。「相互」と書いたのはあなたが面接官であり応募者であるからです。あなたは相手が自分の眼鏡に叶うかを判断しつつ、そうであるならば相手に気に入ってもらわなければなりません。ここを勘違いしているひとが恋愛初心者(特に男性)に多く、普通のデートのように振る舞ってよく大失敗しています。婚活とはあなたという人物が彼氏・彼女に、ゆくゆくは旦那に嫁になるのにふさわしいことを証明するための場所なのです。婚活と就活というのはこの点で非常によく似ています。色々な企業を調べて、沢山エントリーして、その殆どから書類選考でお祈りされて、面接しても落とされて、それでもめげずに続けてやっと内定をもらって就職。就活中はES対策したり、自己分析したり、身だしなみを整えたりと内定をもらうためにとにかく頑張る。婚活もこれと一緒です。たくさんの人に申し込んで、その一部と実際にお会いすることができて、お会いしても次のデートにつづかなくて、それでも頑張りつづけて相手が見つかります。皆さん就活はしたことがあると思いますので、就活面接のつもりで頑張りましょう。

 

初デートはどこにいけばいいのか?

初デートの実態が面接であるなら話は簡単で、会話(面接)のしやすいカフェデートやランチデートに行くのが正解です。そこでお互いの仕事の話や趣味の話などしてお互いの理解を深めていきましょう。会話のテンポがあって自然に話が展開されるようであれば次のデートに続くはずです。異性に慣れていない人がやってしまいがちなのですが、間違っても映画館などには行かないようにしましょう。会話が目的なのに2時間だんまりで映画をみていたらお互いのことを全く知ることができずにお別れになってしまいます。婚活初デートはカフェかランチで会話を楽しむ。これが鉄則です。カフェとランチどちらが良いかは会うときまでの状況で決めましょう。もしまったく事前にメッセージのやりとりなどをしていないような関係なら切り上げやすいカフェが良いでしょう。逆に婚活アプリなどを通してある程度気が合いそうだから会うことになった場合はランチをしながらゆったり話すと良いでしょう。メニュー選びの話から入れるので会話にきっかけにちょうどいいですよ。

 

サイゼ婚はNGである

ここまでの話をきいて「よし、ランチがいいんだな、サイゼに連れて行こう!」と思ったそこの一生結婚できなそうな豚野郎思考の独身男性の皆様 、ちょっとお待ち下さいませ。婚活デートでファミレスは厳禁なんです。先程申し上げたように婚活の目的は短い時間でお互いのことを理解することであって、「リーズナブルなお店でお腹を満たすこと」ではないのです。サイゼをはじめとしたファミレスはガヤガヤしていて落ち着かないのでゆったりとした会話に向いてません。また初対面という後に思い出に残るかもしれないデートなのでサイゼというのはおしゃれをしてきた女性にちょっと失礼です。婚活という場では婚活にふさわしいお店を選びましょう。採用面接にスーツを着ていくのと同じです。とにかくサイゼはやめましょう。中にはサイゼでもいいよ!って言ってるくれる子をフィルターできると反論したい方もいらっしゃるかと思いますが、確実に心証は悪くなります。お店選びの失敗で即ゲームオーバーにならないだけで、あなたの点数は相当減点されています。

さて、ではどのお店を選べば良いかですが、ランチなら小洒落たイタリアンやフレンチを選ぶと間違いがないです。食べログで駅名×イタリアンで検索すれば1000~1500円くらいで食べれる個人経営のお店が沢山見つかります。高級すぎるところは逆に萎縮させてしまうの2000円以内でちょっと洒落ているのがポイントです。

 

支払いはどうするか?

最初デートの支払い。これはとっても難しい問題です。男女ともに人それぞれ感覚が違うからです。おすすめは男性が率先してお支払して女性が金額をきっちり計算していてお金を本当にだすつもりだったら受け取っておきましょう。そのとき端数ぐらいはおごってあげるのが良いと思います。逆に一緒にメニューをみて会計でも一緒にいいるのに「いくらですか?」ときいてくる場合はあまり払う気がない可能性があります。そのときはおごってあげても良いかもしれません。ここまで男性側の視点でお話しましたが、女性側視点では次を考えてる相手で会えば、できるかぎり割り勘でいくのが戦略的には良いです。相手のお財布事情とは関係ないし、奢られて当然とうい態度は基本マイナスで、割り勘があたりまえくらいの感覚のほうが男性の心証は良くなることが多いです。

とまあ色々書いてきましたが支払いは自分が考えるやり方でもいいかなと思ってます。割り勘が当然と思ってる人と奢られて当然と思ってる人どっちにしろ合わないんですよ。だったら最初から支払いの所で合わないねとなったほうがお互い時間を無駄にしません。支払いはそんなに神経質にならずに流れにまかせましょう。ただ1つNG行為をあげておくとそれは1円単位まできっちり割り勘することです。これは奢る奢られるの話ではなく、相手にとてもケチな印象を与えてしまいますので絶対にやめましょう。

 

婚活において初デートの印象はとっても大事です。皆さんがんばってくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です