30代実家暮らし独身男性のための婚活サイトの選び方

Pocket

30代にもなって実家暮らしをしている男性というのは思いのほか多いです。会社が実家から無理なく通える距離のケースが殆どです。お金も溜まるし、親が家事をしてくれるので楽すぎてずっといたくなる気持ちもわからなくもないです。ただ、こと婚活においては30代後半の男性が実家暮らしであることはかなり不利でです。

まず、いい年して仕事もしていているのに実家を出ない男性は親に甘えていて自立心がないと女性には映ります。また結婚後に同居になったり、妻よりも親の見方をするのではないかと疑います。そうなると相手のことをプロフィールでしか知らない状態でマッチングする結婚相談所などでは一番最初に切られる対象になります。

ちなみに実家暮らし男性に自立心がない人が多いのは事実なので彼女たちの懸念は正しいです。婚活コンサル的にも理由もなく実家暮らししている男性は 事故物件扱いなのでできるだけ女性にはお勧めしたくないのが実情です。

 

それでも実家暮らしのまま結婚したい男性の婚活サイトの選び方

一番の解決方法は実家をでて1人暮らしをすることです。はい、とてもシンブルです。ところが、30代にもなって実家に住んでる人は実家でなきゃーと思いながらこれまでずっと一人暮らしをしなかった強者たちなのでそんな簡単には婚活するなら一人暮らししろと言われてもでません。「そろそろ婚活しなきゃな、でも引っ越しとか物件さがし面倒くさいな 」だからです。そうあなたのことです。

なので次善の策として実家暮らしでも成功率が高い婚活の方法を考えます。一番良いのはスペックではなく、人間性を気に入ってもらうことです。そのためには自然な出会いが一番いいのですが、そんな出会いがある人は婚活をしていないので、自然な出会いは除外します。

じゃあどうするんだということなのですが、実家暮らしの男性に対しての婚活コンサルの一番のオススメはサークル型婚活サイトです。普通のサークルでは出会い目的ではない異性が多いので中々お付き合いに発展しづらいのですがサークル型婚活サイトは結婚相手探しを目的としてサークルなのでお互いに気に入ればすぐに恋人になれます。サークル型婚活サイトはまだまだ数が少ないのですが、スク婚がお薦めです。スク婚は↓のバナーの通り、趣味を通して相手と繋がれる婚活サイトです。ただし入会金や月額費が高いので本気で結婚したいと思ってから入会するのが良いでしょう。



次にオススメなのは意外かもしれませんがpairsです。婚活アプリはスペック見られるからダメなんじゃないの?と思うかもしれませんが意外といけます。理由は2つあって1つはpairsが圧倒的会員数を誇っている点です。母数が大きいので必然的に実家でも気にしないよ?という女性も相当数存在ます。もう1つはコミュニティ機能がある点です。pairsはコミュニティ機能が本当に充実していて自分の趣味や趣向をマッチング前の相手にかなり詳細に知らせることができます。婚活女性は実家暮らしの男性は相手の条件次第では目をつむるというスタンスの女性もかなりいるのでコミュニティ機能をうまく使って二人の相性が良いことを伝えましょう。

↓こちらがpairsです。


pairsは無料で気軽に始められるので、実家暮らしの男性はまずはpairsに登録してそれでもだめそうならスク婚に入会するという流れが金銭的負荷が少ないのでおすすめです。もちろん婚活への本気度が高いなら最初からスク婚もありです。そしてもし可能ならできれば実家をでることをお勧めします。

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です